トップ

観光案内のポイントとは

観光を売り出す言葉

紅葉

観光案内のキャッチフレーズ

キャッチフレーズの付け方は、リズム感と簡潔、覚えやすさがポイントです。日本には、短歌や俳句、川柳などの5.7.5のリズムが根付いています。観光案内のキャッチフレーズも広告の文字を言葉にした時の心地よさが大変重要です。お客様の心に残るものです。例えば、コーヒー缶の宣伝では人の手が、エメマン豆を、うまくすると宣伝しています。言葉にした時にその情景が頭に浮かんできます。心に残った言葉は、必ず消費行動に繋がります。観光案内は、見る、味わう、体験する、匂いの記憶などアピールしたいことが沢山ある中でポイントを絞って簡潔にすると効果を上げます。

キャッチフレーズだけを信じない

新しい場所に行って色々な経験をすることで人生を豊かにしたり、日々の生活からくるストレスや疲れを解消したり、家族や友人と楽しい思い出を作ったりなど、観光のための旅行はとても楽しくて意義深いものです。しかし行く先や宿泊する場所などを決める際には慎重でないと、せっかくお金や時間を使ったのに楽しくなかったと後悔してしまうこともあります。そのためにはキャッチフレーズを鵜呑みにしないということが肝心です。観光地のガイドブックやパンフレットなどには、宣伝のために実際と違った派手なキャッチフレーズが書かれていることが良くあるのです。そのためには事前にネットの口コミを調べるというのが良い方法でしょう。

↑PAGE TOP